薄くなってきた髪の生え際、対策はどうしたらいいのか?

img01.jpg

髪の生え際が薄くなる原因には、いくつかあるのですが、広く知られているのが男性ホルモンが原因となっている男性型脱毛症でしょう。

今は、いろいろな育毛剤が登場していますから、どれにしようか迷っていませんか?育毛剤を使うなら自分の頭皮と髪の状態に合っている物を選びたいところです。

そして生え際の薄さが気になるようなら、断然、生え際専用の育毛剤です。

「育毛剤はどれも同じものなのでは?」と考えている人もいると思うのですが、それは違います。前髪を上に上げて、額の部分が「M字」のようになっている通称M字ハゲ。この部分が薄毛になっている薬用プランテルがおすすめです。

これは厚生労働省が認可している医薬部外品なので、それだけでも安心感がありますが、もちろんそれだけではありません。M字ハゲ専用の育毛剤なのです。頭皮の環境を正常にしていくのはもちろん、乱れてしまった毛周期を正常に戻してくれる働きがあるんです。


薄毛が進行してしまうのは、なぜ?

生え際専用の育毛剤の薬用プランテルを使うというのはもちろんだけど、そもそもの原因が分からなければ、対策をしていくことは出来ませんよね。

例えばストレス。これも薄毛に大きく関わっていて、働き始めてから薄毛が気になるようになってきたという人も多いのでは?

同じように運動不足、お酒の飲みすぎ、寝不足、タバコなども原因の1つとなっていて、これらは頭皮の血行が悪くなってしまう原因でもあります。血行が悪くなると髪の毛に必要な栄養素が行き渡らなくなるので、髪の毛が抜けやすくなってしまうんです。

もちろんそれだけではなく、毛周期の乱れも薄毛に繋がります。プランテルのような育毛剤を使いつつ、さらに生活習慣を見直すということも重要なんですよ。


厚生労働省が認定しているということは・・・

img02.jpg

薬用プランテルは厚生労働省が認めている医薬部外品になりますが、どんな成分が配合されているのでしょうか。まず、血行が悪くなると必要な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛が抜けやすくなってしまうのですが、その血行を良くしてくれるのが「セファランチン」という成分です。

あまり聞かない単語ですが、アレルギーを抑えてくれる働きもあるので、円形脱毛症で悩んでいる方が皮膚科で処方をしてもらうこともあります。

また「センブリエキス」は、育毛成分ではかなりポピュラーな成分で髪の毛を育ててくれる働きがあります。セファラチンで血行をよくしても髪の毛を育てる働きが無ければ意味がありませんからね。

そして大切な「グリチルリチン酸2K」。これは炎症を抑えてくれる働きがあるので、頭皮の痒みやフケの改善に繋がります。

この他にも7種類の有効成分が配合されているので、生え際の薄毛で悩んでいる方は薬用プランテルを使って自分の髪に自信が持てるようにしていくといいですよ。

生え際専用!薬用プランテルを見る

ダブルインパクト
育毛のためのサプリメント。それがダブルインパクト。イソフラボンで抜けない髪を。カプサイシンで髪を育てるという両面を考えたサプリ。

育毛剤ブブカ
育毛剤ブブカは、外側だけでなく内側からもアプローチする攻防一体型の育毛剤です。薄毛の原因となるAGAは、髪の毛のサイクルが短縮化することで、髪の毛がないように見えてしまう病気。